あやめは幻想、あやめは夢

 

あやめは幻想であり、あやめは夢だ。

 

私は、あの日見てしまった芸術作品に夢を見た。

 

そして、NEVERLANDというこの世とは隔離された空間から出た時に、慌てて書き残した。

 

 

円形の中心に静かに光が降り注ぐ。

その光を受けて、ぼんやりと何かが白く光る。

それが横になっている人だと分かってくると、身動きを取れなくなった。息をすることを忘れた。

始まる…見たい、でも、見てはいけない。そんなことを思う。

その時の私は、深夜、白鳥の湖の白鳥たちが美しく若い娘たちに変身する瞬間を見てしまった王子のようだった。

 

腕が光の方へ、上へと伸び、柔らかな曲線を描く指先の後を光の筋が通る様子に心を奪われていると、その人は立ち上がり、体を翻した。

そこには力強さがあった。

気づけば、中心に立つその人を囲むように顔立ちが整った青年たちがその人の冒険心とまだ見ぬ世界への希望や夢を包むように、それでいて、抑えつけるように現れた。

青年たちは隊列を組み、精霊のように軽やかに舞った。

彼らと共に歩くその人の身に纏っている天女の衣のような柔らかい布がふわりふわりと揺れる。揺れると、青や紫の模様が見えた。

 

その人は突然、丘を駆け上がった。

草原の真ん中に立ち、汚れのない純粋な空気を体いっぱいに吸い込み、地上へ真っ直ぐ届く光を誰よりも先に受け、世界で鳴る音の全てに耳を澄ますような…。

その姿は無垢な少年のようだったが、見える限りの世界を見渡すその人の目はギラギラと光っていた。

野望のようなものをその世界に見出していた。

 

そして、いつの間にか、その人の姿は別の丘の上に現れた。

その人は虹色の布がくくりつけられた旗を手に持ち、さっき見ていた方向をその旗で示した。風がその旗を揺らした。

 

その人の目は、丘を下りると、寂しさを見せた。

 

ここは乾いたただ荒野。

 

それでも前向いて歩こうや。

 

誰かの心に届くことを願うように、そう言った。

 

それを機に、彼の言葉はどんどん溢れ出し、声も大きくしっかりとしたものになっていく。

その人の決意、願い、祈り、思い、全てを乗せた言葉が紡ぎ出されていく。

 

その人は確かな足取りで地面を踏みしめていき、私の前を通り過ぎた。

私のことに気づいているのか、いないのか…その人は目にかかった前髪越しに、こちらを見たような気がした。

青年たちがまた集まり、その人の後ろで共に舞う。力を出し切るように、舞った。

勢いは増していき、揃ったその動きは迫るものがあった。

 

私は、直感的に感じる。

 

あぁ、彼らは間もなく姿を消す、と。

 

さっきまで近くにあったその人の姿は、遠ざかっていく。

その後ろ姿から、生命力と強い意志を感じた直後、その人の姿は見えなくなった。

そこには、青年たちの微かな気配と霧に包まれた空間だけが残されていた。

 

それは、あやめと言った。

 

あやめは幻想だった。そして、あやめは夢だった。

 

 

妄想をかき立て、1160文字の文章を書かせるくらいにNEWSのツアー『NEVERLAND』の加藤シゲアキの『あやめ』の世界観は凄かった。言葉にするのもおこがましい。

が、大阪で見たあの光景を誰にも伝えず、留めておくことは、出来なかった。

今日、ツアーの最終公演を終え、NEVERLANDもひっそりと門を閉じたのだろう。

笑顔があって、涙があったNEVERLAND。

ぼんやりとし始めている記憶がこれ以上霞まないうちに、ここに綴っておく。

 

 

たった2曲の「NEVERLAND」レビュー

 

お題「NEWS「NEVERLAND」レビュー」

 

今回はお題をお借りして、ブログを書こうと思います!!

ただ、お借りしていいのか…と頭を抱え、悩みながら書きます。

 

なぜ悩んでいるのか…私はアルバム「NEVERLAND」から「Brightest」と「Silent Love」の2曲のみをピックアップしてレビューを書くからです。

 

いや、もうアルバムのレビューじゃないし、勝手にやれよという話なんですが、どうしても、どうしても!この2曲だけは書きたい…!書かせてください!!

その他の曲は、たくさんの方が美しい言葉の数々で紹介されているので、そちらをご確認ください。

また、「NEWSの『NEVERLAND』ってどんな感じなのかな~」と興味を持っていただいている方は、早急にこのブログを離れてください。もっと公平な目で丁寧に書かれたブログがあるはずです。このブログは、偏見の塊です。きっと意味が分からない。(そういう文章になることをすでに私は確信しています。)

 

さぁ、本題です。いきます。

「Brightest」と「Silent Love」…私、この2曲を聴くと胸がキューンって締め付けられて死にそうになるんですけど、どうしたらいいでしょうか…。

特に夜になんかに聴いたら、気持ちのやり場に困って、枕を抱きしめずにはいられない。寝れない。

いい加減慣れようと思って、もう一回聴くと、机に頭をぶつけにいくほどに感情が爆発する有様。

 

なにがそんなに虜にするのか。

 

まず「Brightest」。

サビの部分の日本語の歌詞と英語の歌詞のバランスが絶妙。(めちゃくちゃ抽象的)

英語のところだけ巻き舌気味というか、少しこもった声になるのが、日本語歌詞のところとのギャップになって最高です。

特に増田さんは囁くような柔らかい声が素晴らしいですおすすめフレーズは、♪触れてみたいその唇を hope it's minemineです。

サビに頻繁に出てくる♪yeh♪baby♪ladyも同じように楽しめます。

サビと言えば、「僕だけのために輝いて」もいいですよね。

文字で見るとちょっとキザなセリフに感じるけど、前の歌詞に「今日も君に逢えるといいな」とか「祈りがチャンスにかわれば叶えたい」とか…あーきっと叶わないんだな~(泣)って泣いちゃう。切ない。切なすぎる。

きっと、女の子の横で彼は小さく笑うんです。きっと。

そういう世界観と思い込んで、歌詞を追っていると、全部「『抱きしめたい、今抱きしめたい』…だけど、そんなことしないよ」とか「『ずっと守っていたいよ』例え、僕だけを見てくれなくてもね」と見えないし、聞こえないセリフが現れて、みるみるうちに話が膨らんでいく。

それでも最後に「you are my brightest」…君は僕の一番だよ(めちゃくちゃ意訳)、なんて言うんだから…もうっ!

 

そのあとに続く「Silent Love」。

イントロが、なんというか、湿気を感じさせる。私はそう思ってる。

頬を伝う涙とか水たまりとかじゃなくて、もっと限定的な…本降りの雨をガラスの窓越しに眺めている。その結露している窓を触ると冷たくて、触ったところから水がつーっと伝いますよね。そんな感じの湿気です。

これも、勝手に(無意識に)ストーリーを付けていって、悲しくなって、この曲の主人公を慰めることもできない自分に情けなくなる。

…もうすでに、のめりこんでしまい、絶望感に打ちひしがれてますが、気を取り直して、歌詞を見ていきます。

最初の歌詞、4行。シゲの歌声によって、より重みを感じる。「心の傷が憶えてる」とか後の「朝露に煙る街角」とか、ちょっとジトッとしたものとの相性が素晴らしいと思います。さすが本も書いちゃう先生。カサアリだね。(?)

「きっときっとこれで良かった」

こ、これは…!なんだか、「Brightest」との世界観と組み合わせたくなってきた…!

守りたい、そう思っていたあの子は何か訳があって遠くへ行ってしまったのでしょうか。

彼は止めることもできないまま、その子がこの場所を離れることが彼女にとって一番の幸せだと考えて見送ったのでしょう…。

なんで、一言「行くな」と…腕をつかんで、止めなかったんだよぉ~!

それ、絶対、彼女は幸せにならないやつだよー!!!

「言えなくて 言えなくて 好きだよなんて」って、そんな悲しい声で歌わないでよ…手越さん…ごめん、言えなかったんだよね。そうなんだね。大事に思ってたからこそ、言えなかったんだね。

あ…これも、低いトーンで歌う英語交じりの歌詞がありますね。いいですよ、本当に。

そして、「どんな風に君を忘れよう」…小山さん、忘れないで。

忘れちゃだめだし、忘れられないからそんなこと言うんでしょ!

 

もう私の感情もいっぱいいっぱいなんですが、そこに拍車をかけるように増田さんのラップが入ってきます。

 

忘れられないあの子への気持ちがぽつりぽつりとこぼれてきたかと思えば、曲のテンポが速くなっていくと共に、一気に溢れてくる。

「すでに  so far」、「戻りたいのに戻れない」、「実は伝えたかった」…

こんなにも彼女のことを思っているのに、その気持ちは「行く宛のない」もの。

彼はこの先何を思って、毎日眠り、目覚めるのでしょうか。私は彼に何て言葉をかけたらいいのさ!!(?)

それでもいいんだ、と言わんばかりに「僕のSilent Love」と締めくくります。

 

私の感情、全然締めくくれません!!!

 

なんというか、この2曲に出てくる登場人物たちは、現実に生きているというより、それこそ女の子の方がNEVERLANDに迷い込んだ感じで、男の子はNEVERLANDに生きる子みたいな…。

いつまでも女の子がNEVERLANDにいることができないことを男の子は知っていながらも、好きになってしまった。

「君は帰らなくちゃ」って言いながら、女の子を見送る彼の姿が切なさMAX。

 

何言ってんだろ、私…レビューどころか、最後の方なんて別の話をしているようなブログになってしまいました。

ここまでお付き合いいただいてる方には、心より感謝申し上げます。

ただ、最後に声を大にして伝えたいのは、たった2曲でこんなにもストーリーが膨らむアルバム「NEVERLAND」。

全曲聞いたら、もうNEVERLANDから帰ってこれませんよ~!!最高!!!

 

さてと…今夜も「Brightest」と「Silent Love」を聴いて、何も曲中の彼を救えないもどかしさにジタバタしてきます。

 

 

「インナー・ワーキング」を観てくれ!!

こんにちは、Kaeです!

今回、とても!とても!!おすすめしたい作品に巡り会えたので、紹介します!
どうか、このブログが1人でも多くの人に読まれて、「インナー・ワーキング」の良さを知ってもらえますように。

さぁ!タイトル、そして、先ほど述べた通り、私の心をがっつり掴んだのは「インナー・ワーキング」というディズニー短編映画です。
同じく、ディズニーの映画「モアナと伝説の海」と同時上映されている、わずか6分の作品です。

映画館で一通り予告や注意喚起の映像が終わって、それは始まります。
1人の男性が主人公のお話です。
サラリーマンの彼は毎日規則正しく、模範的な生活を送り、よく言えば、安定。言い方を変えれば同じ事を繰り返す日々を送っています。
そんな彼の性格が「インナー・ワーキング」つまりは、脳や心、胃など体の中で働くものたちのコミカルなデザインや動きで表現されています。
遊びに行きたい!美味しいものを食べたい!という欲望と仕事に行かなきゃ!といった理性との葛藤が、彼をあっちへこっちへ振り回し、その姿がクスクスと笑えるのです。

しかし、同時に徐々に悲しくなってくるのです。

それが何かはその時点では、はっきりと分からないけれど、私の隣の座席に座っていた小さな女の子のように、キャッキャと笑えないのです。
何も変わらない毎日、それが続くであろう未来。
漠然とした不安。
そういったものが頭をよぎります。
私はまだ学生ですから、分かった気になってるだけかもしれません。
でも、周りと同化しようとする(浮かないようにする)気持ち、自分で変化を起こすことへの不安など、今の自分に置き換えると、胸がぎゅっと掴まれました。

このストーリーの結末としては、彼は理性で押さえ込んでいた心の部分…自分を解放してあげて、幸せを見出だします。

もし、ネタバレが嫌だったら、ごめんなさい。
ここまで話の流れもたくさん語ってしまい、今さらですが…。
ただ、私はこの作品は結末がものすごく大事だという訳ではないと思うのです。そして、当然ながら、私が言葉を尽くしても、あの映像や音楽が組み合わさってない限り、全ては伝わりません。

うだうだ書きましたが、私が、一連を通して感じたこと。現実問題、全てのことを感情や欲望を優先して進めることは不可能だと思います。この作品のように、みんなハッピーな方向には進まないかも。
でも、最初から自分の気持ちを無かったことにするのは違うのかな、と。
「モアナと伝説の海」のテーマにもつながる部分があるのかな…。

人によって、感想がまちまちなのは当然だと思うので、そこは除いて…観る世代によって感じ方も変わってくるんだろうな、と思います。
今の私は、ここまでだらだらと書いたことを感じました。

たった6分に詰め込まれたメッセージはカラフル、コミカルなタッチだからこそ、深く考えさせられ、刺さりました。
「インナー・ワーキング」は「モアナと伝説の海」を観る前にどえらいインパクトを与えてくれました。

あー!誰か「インナー・ワーキング」の良さを知ってくれないかなー!
もし、もし、興味があれば「インナー・ワーキング」を観に、「モアナと伝説の海」を観に行ってくれ!!
「インナー・ワーキング」と「モアナと伝説の海」の2回分の料金を払いたくなるくらいに、「インナー・ワーキング」でスタンディングオベーションしたくなるくらいに良かったよ!!!と念押ししておきます!

もちろん、「モアナと伝説の海」もすごく面白かった!
モアナ、すごくたくましい…!海が綺麗…!音楽もいい!というか、好き!!総括・・・生きる力が湧く!!好きだ!!!
「インナー・ワーキング」を語るのにエネルギーを使いすぎて、モアナの感想がやや雑。笑

「インナー・ワーキング」の予告動画があったので、貼っておきます。たった1分なので!観て!!
www.youtube.com

ポンコツくん

特別お題「おもいでのケータイ」

もうすぐ君も4歳?いや、5歳を迎えるのか。
君、ずいぶん動きが遅くなったんじゃない?
それに、前よりすぐに機嫌を損ねるし。

このブログを書いている数時間前、機種変更をしてきた。
手元にある新しいスマホはメタル素材のピンク色、しっかりと角があるスタイリッシュさを感じるフォルム。
かなり大きな画面を持っていて、画素も高く、画面に映し出される写真はもちろん、どんなページも、鮮やかではっきりとしている。

そして、テーブルに画面を伏せて置かれているのは、前のスマホ
白くて、決して綺麗とは言えない。
だって、5年近く使ってたんだから。
画面に傷はついてないけれど、イヤホンをさす部分や充電器をさす部分、よく防水のためにフタがされているかしっかりと確認してくださいと言われる部分が見事に二つとも取れている。
これが私にとって初代のスマホだった。

このスマホを私は「ポンコツくん」と呼んでいた。
最後の2年は本当にポンコツで、カメラを起動させると強制終了、これが毎回起こる。
何か検索しようとすれば、フリーズ。
100%に充電されているのを確認し、寝て朝起きると32%、あげくの果てに、20%で電源が切れる。
友達は私がポンコツだと嘆く度に、買い換えればいいのに、4年も使うなんて、と呆れていた。
今日、携帯ショップのお姉さんも、スマホの寿命は大体2、3年ですね~と笑っていた。
確かに、私は使いすぎていたと思う。
でも、使えなくなったことはないからさ。
それに、手続きにやっぱりある程度の時間はいるから、なんと言うか、気合いを入れてから携帯ショップに行かないとぐったりしてしまう。
だから、こんなにも「ポンコツくん」を使い続けたんだ。

新しいスマホの初期設定を行う。
色々インストールして、アップグレードして、ようやく、自由に操作できる。
しかし、メニュー画面を見て、慌てる。
見たことのないアイコンや、探しているサービスがどこのフォルダに入っているのか、分からない。
そして、あれだけうんざりしていたのに、「ポンコツくん」を見て、こっちの方が新しいのより…と思う。
慣れているか慣れていないか、の問題。たったそれだけのことと分かっているものの、5年間触ってきたものの馴染み方や、分かりやすさは大きく違う。
ポンコツくん」が完全に使えなくなっていたら、こんな風には思わなかったかもしれない。

何回か…いや、2日に一回のペースで階段から落としたりしてごめんね。
そのせいで、フタがどこかにいったり、角を欠けさせたり、本当に色々ごめんなさい。
でも、5年もの間、しっかりと働き続けてくれてありがとう。
たかが携帯電話にこんな風に思うのは大袈裟かもしれないけれど、今は変わってしまった持ち心地が余計にそう思わせる。
これが私のおもいでのケータイだ。


sponsored by KDDI

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』観てきました!その1

2月22日…少し前の話になりますが、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』を観てきました!今日は、それについて、少し書いておこうと思います。

 

『ロミオ&ジュリエット』というと、観たことはなくても、ざっくりと内容を知っている人も多いと思います。私もその一人でした。

きっかけは、たまたまテレビでやってた特集番組を見て、「おぉ、あの有名なロミジュリか~!」と思ったことです。

私がミュージカルを観るのは今回が初めてだったのですが、有名な作品だからこそ、無駄にドギマギせず、ある程度の落ち着きを保ちながら観ることができました。

あと、一緒に行った友人がミュージカルや舞台観劇が趣味の子だったので、分からないことは彼女に聞こう、と、心強かったのもあります。

 

この『ロミオ&ジュリエット』は、ロミオ、ジュリエット、そしてロミオの友人であるベンヴォーリオ、マーキューシオ、ジュリエットのいとこにあたるティボルト、さらにオリジナルキャラクターの「死」がダブルキャストを取っていて、2度と言わず、3度4度観ても、楽しめちゃうよ、ということなんですね。

ちなみに、私が観劇した回は、以下のキャストのみなさんでした。

 

ロミオ・・・大野拓朗さん

ジュリエット・・・木下晴香さん

ベンヴォーリオ・・・矢崎 広さん

マーキューシオ・・・小野賢章さん

ティボルト・・・広瀬友祐さん

死・・・宮尾俊太郎さん

 

ストーリーは、割とみなさんがイメージするもので正解かな、という感じはするのですが、ミュージカルはじめましての私、『ロミオ&ジュリエット』はじめましての私…ケータイが、スマホが劇中に出てきて、ビックリしてしまった…。

現実の文明が、技術の進歩が、しっかり反映されてる…!!!

時代って、舞台の上でも進んでるのか…。後に分かったのですが、どうやら、ケータイの導入は、以前からあったみたいです。

ケータイが登場したり、衣装もザ・ミュージカルといったドレスや男性が付けるようなマントをみんながみんな着ているわけではなく、特に若者たちの服は、ジーンズやスカジャンなど、かなり現代に寄せている印象でした。しかし、全てが統一されているわけではなく、夫人などの大人組の衣装は柄やデザインが重厚感があって、その差に若干の違和感があるかな、と思ったり…。

舞台の世界に、そういう現代のものを取り入れるのって、賛否両論の意見があると思うし、大きな課題なんだなと思いました。

以前、知り合いの方が「ケータイが普及したことで舞台や映画のドラマ性が薄まった」って言っていたのをふと思い出しました。手紙しかないからこそ、すぐに連絡が取れず思いがすれ違ったり、相手をただひたすら待っていたり…確かに、そこにはドラマがあるよな、と思います。

でも、時代と合わせていくことで、観客が親近感を持てたり、観客の層の幅を広げることができたり…いやー難しい。

 

…話が逸れてしまいました。すみません。

 

ミュージカル、といえば、やはりダンス

しかし、残念なことに、私、歌が上手いとか、声が良いとかの判断をするには知識が乏しいので、その点では何とも言えません。

だから、演出面や雰囲気で感じたことを書きます。

キャピュレット家とモンタギュー家の対立している様子を表しているシーンでは、それぞれの色が出た振付で、人数も多くなるので、熱気とか騒がしい感じが伝わってきました。若者同士の対立なので、曲もアップテンポで思わず口ずさんでしまう印象的なフレーズがあったりと、空気を盛り上がる方向へ動かしていたなと思います。

私は、「世界の王」というロミオやヴェンボーリオ、マキューシオが中心となっている、仲間を意識し、若さを武器に「俺たちなら世界を動かせる!」と高らかに宣言するような曲が好きです。

もちろん、歌詞やその人物の感情をしっかりと聞かせるような曲も素敵でした。

代表的なのはロミオとジュリエットが互いのことを見つめ愛を誓うように歌う「エメ」でしょうか。

あと、私が良いなと思ったのは、ティボルトが歌い上げる「本当の俺じゃない」

ジュリエットのいとこでありながら、幼い頃から好意を寄せていて、でもその気持ちを伝えることはできない。それまで、キャピュレット家の仲間の上に立ち、どんな時も強気のティボルトを観ていたために、彼の思いに切なくなります。

歌で人物の二面性や本音、心の叫びを見せることができるのはミュージカルの強みで、その曲を聴いている間は役者の表情や動き、声色の微妙な変化にも気づける不思議な時間でした。

 

キャストのみなさんのことにも触れたかったのですが、ここから続きを書くと、長くなりそうなので、また後日に書きます。

 

 

 

明けましておめでとうございます、の挨拶

明けましておめでとうございます!

 

2017年になりました。こんにちは、Kaeです。

 

昨年お世話になった皆様、どうぞ今年もよろしくお願いします。

そして、今年出会うかもしれない皆様、どうぞよろしくお願いします。

 

さぁ、今年はちゃんとブログ書くぞ!

新しい年になって2日目。どのようにお過ごしでしょうか?

 

私は、今朝、家族で初詣に行きました。

幼いころからずっと同じ場所に行っています。

そして、おみくじを引いてから帰るのがお決まり。

 

そのおみくじ、去年は「吉凶交々」でした。「きっきょうこもごも」と読むそうです。

その字の通り、いい時もあればよくない時もありますね、という意味。

そりゃそうだ、と新年早々神様にツッコみそうになりました(笑)

そんな始まり方で、いろいろあったけど、無事乗り切って2017年!

 今年もおみくじを引きました。

開いてみると…「大吉」!

あーなんだか、今年も頑張れそうだな、って思いました。

…実際は「吉凶交々」な1年だと思いますが、乗り切れたら、それでOK!という精神で

 

んー、新年の挨拶、よくわかんない感じになりましたが、いい年にするぞー!っていうのが結論です(笑)

 

皆様にとって、この1年が良い年でありますように。

 

今年もよろしくお願いします!!